FC2ブログ
~『けんたろう』のマイブログ~ TOP >
Amazon

【小説】 天の川鉄道 五月雪とストロベリーダンス (作)はりゅうかずや

※2018年12月28日現在、時間的都合で未完結です。
※2019年2月2日加筆。未完結です。
※2019年5月27日加筆。未完結です。



(序章)
 「10年に一度の珍事」と世間を賑わせた雪が降ったのは、その年の5月も半ばのことだった。

やがてその雪解け水が無数の星屑となって天の川に流れ込んだ。

そして天の川を溢れ出した星屑が、漆黒の闇の中、二本のレールとなり果てしなくどこまでも連なったは、その年の7月のことだった。

これが「天の川鉄道」の誕生だ。

人々は、「銀河鉄道の再興」を口にした。

そして、どこからともなく、誰からともなく「息子太陽ありがとう!」という言葉が流行語のように響き始めた。

かつて、

「息子太陽ありがとう!」

というキャッチコピーで、「銀河鉄道」がその名を宇宙中に轟かせたは、20世紀のことだった。

僕らが、GWHさんに再会し、「天の川鉄道」の開通を祝って南の島への楽園ツアーに出かけたのは、この年のゴールデンウィークのことだった。

時系列的矛盾あるが、事系列的にはそうなのだから仕方がない。

<目次>
・ジェビー
・ウッバーくん
・GWHさん
・84年製-e-lvn456
・五月雪
・ストロベリーダンス
・そしてヨンサンラ

(ジェビー)
目次でジェビーに呼称がない。

ジェビーは、性別不詳。

それで皆、「ジェビー」と呼び捨てにしているが、、親近感からくる友好的な呼び捨てだ。

ついでにジェビーは、年齢も職業も不詳だ。

誰もジェビーの素性に詳しい人はいない。

ルックスは、贅肉をすべて削ぎ落とした引き締まった体を、宇宙的銀色(スペイシーシルバー)のウエットスーツに真っ黒に日焼けした顔以外すべて包み込んでいる。もちろん頭髪も。真っ黒い顔の奥に金色の目が鈍く光っている。

まさに「精悍」という言葉がジェビーそのものだ。

ジェビーは、いつも浜辺で歌を歌っている。

その容姿も手伝って誰もがサーファーだと思い込むのだが、ジェビーは、完全な金づちで決して水には近づかない。

これほどまでに見た目が実態を裏切りるケースもないだろう。

見た目が実態を裏切りると言えば、精悍そのもののジェビーだが、かなりの大食漢でその胃袋は無尽蔵と言われている


「底なし」ではなく「無尽蔵」と言われているのは、ジェビーの胃袋が一つではないということで。

一つの胃袋が満腹になると、新しい胃袋が作られるらしいのだ。

そんなジェビーが、お腹いっぱい食べて陽気に歌っているのは、この年出会った「84年製-e-lvn456」のお陰だ。

この年というのは、もちろん、「天の川鉄道」が誕生した年だ。


(ウッバーくん)
ウッバーくんは、2001年生まれのニューヨーカーでティーンネイジャー。性別は男。

男ではあるが、東洋の古い話に感化されて自分は竹から生まれたお姫様だと信じ込んでいる。

信じ込んでいるをとっくに通り越して、彼の中では揺るぎない事実として直立不動のものとなっているようだ。

彼は、両親に自室を畳敷きの和室にリフォームしてもらった。床の間付きという本格的なもので、そこに開閉式筒型竹製ベッドを立てその中で立ったまま眠っているという。

床の間に立つそれは、天空へとまっすぐに力強く伸びる一本の竹のようだった。

その様子は、まるで彼の中で芽生え直立不動のものとなった例の揺るぎない事実のようでもあった。

そんな彼は、お人好しでいつも人に振り回されているそうだ。

やがて彼は、東洋の古い話の通り、月へと帰った。


(GWHさん)
GWHさんは、といってもGWHというのは、ジェビーやウッバーのような人名ではない。

なんというか・・・社名や屋号をまるで名前のように呼ばれている人を時々見かける。あれでである。

GWHが何の略だったかは、ハッキリと覚えていない、「ゴールデンウィークホリデイ・・・」とか言うツアーの企画名あったか「ゴールデンウィークホリデイ・・・社」という企業名だったか・・・そんな感じ。

だが、僕らの記憶の中にその男性はしっかりと存在していて、お互い顔見知りで、この年の南の島への楽園ツアーもGWHさんに手配してもらったわけだ。

ウッバーくんの月帰りもGWHさんの仕事だそうだ。

ちなみにGWHさん個人の名前は未だに知らない。

「天の川鉄道」の開通を祝ってのことだから、この年というのは、もちろん、「天の川鉄道」が誕生した年だ。

(84年製-e-lvn456)


(五月雪)

「五月雨」と書いて「さみだれ」と読む。

「五月雪」と書いて何と読むのだろう。

「シンシンシン。シンシンシン。シンシンだい。」

ある地方で歌い継がれている童歌がある。所謂、伝承歌。

故に、「シンシンシン。シンシンシン。シンシンたい。」と歌われることもあるようだ。

むしろ興味深いのは、この地方の特徴的気象の方かもしれない。

特徴的と言えば、窓下のそれ。






(ストロベリーダンス)


(そしてヨンサンラ)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/12/28 15:28 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

345

(3と5で4)
・3と5で2をつくり、
・その2と3で1(s)をつくり、
・その1(s)と5で4をつくる。

(4と5で3)
・4と5で1をつくり、
・その1と4で3(s)を
・その3(s)と5で2をつくり、
・その2と4で2(s)をつくり、
・その2(s)と5で3をつくる。

・4と5で1(s)をつくり、
・その1(s)と4で3をつくる。



関連記事
[ 2018/04/17 18:28 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

「x(クロス)の法則」

「モンスター14」に出会った土曜日、世紀の大発見をした。

「x(クロス)の法則」だ。

なぜ今まで気付かなかったのか?と思ってしまうほどに単純なものだ。

だから、偶然の産物だったのかもしれない。

この分野のノーベル賞があれば、受賞間違いないだろう。

賞はなくても、これからの人生をどれだけ豊かにしてくれるかと思うと自然と頬がゆるむ。

2018年4月7日、土曜日は「Disovery」な一日だ。

開始直後のi一球の牽制が効果的なことも再確認できた。
関連記事
[ 2018/04/07 17:00 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

14モンスター

2018年4月7日 土曜日。

この日、14個のアルファベットで構成される英単語と出会った。

おそらく、人生最多記録だろう。

発音も難解そうでこの英単語の綴りを記憶するには、幾ばくかの時間を必要としそうだ。

これが、数字なら、つまり14桁の数字なら何とか記憶できそうな気がする。

根拠は、携帯電話の番号(11桁)プラス3桁という漠然としたものでしかないのだが。

14画の漢字も多分いけそうな気がする。

14文字の平仮名やカタカナも時間を必要としない気がする。

英単語で最もアルファベット数の多い単語って、いったい何なのだろう?

そしてそれは、何文字なのだろう?

関連記事
[ 2018/04/07 10:10 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

「直線、三角形、いずれにせよ、長さが5~6」

確か昨年が酉年で、2018年は戌年のはずだが、

今年の春、自宅周辺には、たくさんの鳥たちが飛来し色とりどりの声色を披露している。

山や高層建築に囲まれていることで音響効果は高い。

甲子園球場のそれにも引けを取らないくらいに美しく鳥たちの声色がコダマする。

「鳥楽園」だ。

この分なら、ゴールデンウィークに「何ちゃらパーク」に行かなくてもよさそうだ。

今また、チュン太郎が戻ってきた。

18:26。


それはさておき、

「直線、三角形、いずれにせよ、長さが5~6」

というのには、正直驚いた。

「そうなんだぁ」

と、ただ感心するばかりだ。

チュン太郎は、今日もご機嫌のようだ。

カラスのカーキチもお家にもかえるようだ。
関連記事
[ 2018/04/05 18:37 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

投手  牽制  クセ  特徴  ・・・

「いいか!」と、

牽制について話したのは、確か開幕日。

予感というわけではなかったのだろうが、

今大会の見どころというか着眼点が、「牽制」や投手の「クセ」、「特徴」ということになりそうだ。

関連記事
[ 2018/03/30 12:23 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

今日は、3月28日。「特別な日」。風が吹いていた。

「特別な日」の歌がラジオで流れたのは真夜中。

白い月が浮かんでいたのは青い空。

桜の咲き散らかる地の上の青い空、中型の鳥三羽、大型の鳥1羽が戦っていた往。

中型の鳥三羽、大型の鳥1羽のいなくなった青い空、白い月が浮かんでいた復。

よい狩りをしよう。

今日は、3月28日。「特別な日」。風が吹いていた。



関連記事
[ 2018/03/29 00:26 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

ヒフミ の フって?

ヒフミ の ヒ と ミ が そうなら、

ヒフミ の フって? そういうことだろう?

「うん、そうだねぇ~。」


でも、なぜ(↑)が「ヒフミ」なの? 検索は、小説よりも奇なり。
関連記事
[ 2018/03/27 10:10 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

コウちゃんとカップ麺とジンジャーマンチョコと

コウちゃんを見る(に会う)といつもカップ麺が食べたくなる。

だから今日は、コウちゃんを見る(に会う)前にカップ麺を食べてみた。

昼食にはまだ少しばかり早い時間だったが、見事、コウちゃんを見る(に会う)前にカップ麺を食べ終えた。

カップ麺を食べ終えてすぐ、コウちゃんを見た(に会った)、チョコが食べたくなった。

冷蔵庫の扉を開け、奥で冬眠してたたジンジャーマンチョコを取り出した。

そして、それを食べた。

「さすがコウちゃん。」

ジンジャーマンチョコである必要はなかった。

ジンジャーマンチョコしかチョコがなかった。

今度コウちゃんを見る(に会う)前には、カップ麺とチョコも先に食べておこうと思った。

今日、冬の間、洗えてなかった敷布を洗って干した。

冬の終わり、オープニングデイ到来。
関連記事
[ 2018/03/26 11:19 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

時代

「古いから(商品の状態の良し悪しではなく発刊的に)」と本を買付しない古本屋が出てきた。

電子書籍やネットを介した個人間やり取りの普及、さらにはコミックの隆盛に伴い、

もはや仲介者の居場所はなくなってしまったのか。

これもまた一つの時代の流れだろう。

かつて「○○レコード店」と看板を掲げCDしか売っていないレコードショップがそこそこあった時代があったらしい。

やがて「CDショップ」の看板が。

いずれ、「古本屋」から「古ミック屋(こみっくや)」の看板にということも。


時代が変わるのは世の常なのだろうが、そんな世にあって変わらないまま、そして未来永劫続くだろうものが存在しているものもある。

例の「椅子の余る椅子取りゲームだ」。

4人制から始まり6人制、8人制・・・と偶数人ずつ増えていく人数制で、

その人制に応じて会場が用意されている。人制の数だけ会場があるわけだ。

当然会場は人制が上がるにつれ大きくなっていく。天井高も。

各会場の壁にはJHの時計が掛けられている。

そして、その名の通り4人制は4人、6人制は6人・・・人制通り参加者を募り、行われるのだが必ず椅子が余ってしまう。

人数の制限の他には、身長制限的規約もあるようでそれが椅子が余ってしまうことと関わっているようだ。

4人制の身長が最初の一人からそれぞれ1センチ(単位はインチでも何でもよい)ずつ高くなるように4人集められる。

仮に最初の一人の身長が1センチならば最後の一人が4センチというふうに。

このため特定の身長の人は2つの人制に2度エントリーできることもある。

いずれにしても、この椅子取りゲームは、必ず椅子が余り、それは未来永劫変わらない。

会場の壁にかけられたJHの時計も。

LPレコードの例のように古本が日の目を見るひが来るか来ないか・・・すべては、時代のみぞ知る。
関連記事
[ 2018/03/25 08:51 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3697位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1024位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ