~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集

八羽の鳥、半分の象

八羽の鳥、半分の象。

イッキュウサン、9時の喜び。

足に蚊が、「よして」る。幾夜千眼。

その夕暮れと呼ぶには、少しまだ早いお盆過ぎの17時。

大きな少年と小さな少年、そして口笛吹とイヌが通り過ぎた。

まだ生きているらしい。

小さな少年は同じ色と口にする。

スポンサーサイト
[ 2017/08/18 18:06 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

T八の旅

T八の旅。

フォントならセンチュリー。

A-tkhcは、A-bk東南北も桶。

雨模様にピアノ、個の性か類の性か。

いずれにしても佐賀ではない。

白い象は、キッチンの炊飯器の裏。


[ 2017/08/15 17:50 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

喫茶店

「ロイヤルミルクティー、ホット」駅前喫茶店。

テーブルの上ゴールドのガスライター、誰かさんの忘れ物。駅ナカの喫茶店。

ぐっしょり汗かきグラスの中、氷の解けたミックスジュースは、飲み残し。



[ 2017/08/14 08:52 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

930円

 「930円」。

人類史上、最も美しくそれでいて、優れて、この上なく均整の取れた価格は存在しない。

売り手も買い手も、あるいは代理店や仲介業者、果ては傍観者も含めたありとあらゆる人が納得してしまう価格、

それが 「930円」。

地球上のすべての価格が「930円」だったら、きっとあらゆる問題は解決されるに違いない。

なぜなら、「930円」は、時代や洋の東西にかかわらず、

人類史上最高難度を誇るとされてきた問題をこれまでに解決してきたからだ。

そして、その件数たるや天文学的なものになる。

私もその星の中の一つに過ぎない。

夏場に飲用するペットボトルのコーヒーの内容量も偶然930mlらしい。




[ 2017/08/12 09:25 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)

滲んだ「円周上の2点に関する命題」

「円周上の2点に関する命題」という文章。 

それは、万年で書かれたものだろうということは、用紙から容易に推測できた。

それもインクは、水溶性。ところどころ液体がかかり文字が滲んでいた。

「円周上の2点に関する命題

円周上にA,Bという異なる2点が存在し、

運動の質は概ね似ているが若干の違いがあるものの、

ともに円周上で反時計回りという同一方向性を持って運動している。

A,Bはそれぞれ意思を持っており、AはBに追いつこう(Bを捕まえるあるいは触れる)としている。

A,Bの間には優劣が存在する。

このとき、

(以下、数行インクの滲みが酷く判読できない)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」





[ 2017/08/11 08:21 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ