~『けんたろう』のマイブログ~

このブログはすべて【無料】でご覧いただけます。幅広いジャンルをカバーする「総合ブログ」のためトップページを「目次」化し、ご訪問者様が記事を探しやすくする目的で「続きを読む」というスタイルを採用しております。お好みの記事をごゆっくりお楽しみくださ。※このブログ内の競輪と競艇の記事をご覧になる方は、必ずカテゴリの「はじめに」をお読みください。
~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 「散文」の部屋

大阪ニラレバ息子

例えばそれは、

夜と朝にはっきりとした境界があって、

その境界を越えることで夜と朝が瞬時に切り替わる仕組みになっていて、

夜の方から朝の方に境界を越えた瞬間のあの感じにもしかすると似ているかもしれない。

 そう、ニラレバを食べた後に歯間に詰まったニラがとれた時の話だ。

些細なことだが、あれが気にならない人はいないはだろう。

それにしても何を大袈裟な・・・と思われるかもしれないが。

おそらくは信じてもらえないかもしれないことなのだが、

そのニラは、4か月以上6か月未満の期間に渡り私の歯間に詰まっていたのだ。

期間が曖昧なのは、通常、歯間に詰まったニラなどというものはその場でとれてしまうものだし、

遅くとも床に就くまで、つまりはその日のうちにとれてしまうのが相場で、

これが2日目、3日目あたりまでくらいは気になるし取ろうと努力もするのだが、

4日目くらいになると、「これはとれないものだ」などと妙に納得したりして、そうこうしているうちに、

いつの間にやらニラが歯間に詰まっていることなど忘れてしまうから不思議なものだ。

だから、いつニラが歯間に詰まったかということに関する記憶というものが曖昧になってしまったのだ。

ただ、4か月以上6か月未満というザックリとした記憶が存在するのは、

正月にそれを理由に初詣の誘いを断ったという明確な記憶がありそれよりも前の出来事だということでそのくらいではないかと推測されるからだ。

ところがである、昨夜何かの拍子にこれがとれたのだ。

既に忘れていたニラの存在とと歯間に詰まった不快感が俄然復活したかと思うと、

冒頭のような夜明け感がどっと湧き出してきたのだ。

ニラは3本。

「どうりで手強いわけだ」

などと変に納得してみたりもする。

その直後、私は夏川結衣に殴られた光石研の奥歯が抜けるドラマを偶然みた。

ベンチに腰掛け抜けた奥歯をしみじみと見つめる光石研。

ゆらゆらと前後に揺れる遊具の上で、その光景に視線がくぎ付けにされ、薄ら笑いを浮かべている子供。

きっと私もその子供と同じ面持ちになっていたに違いない。

その時、ぐらついていた歯が抜けた時の子供のころの記憶が蘇った。

これが、「大阪ニラレバ息子」の話だ。

ニラレバを食べた店の名前は、「大阪・・・」。


スポンサーサイト

開けたこじんまりとしたあの場所

  早朝、天気予報で映っていたスカイツリーの上の空、

「東京の空もきれいじゃん」

と思わされてハッとした。

 草むらと林のちょうど真ん中くらいの何と呼べばよいのか分からない、開けたこじんまりとしたあの場所。

夏の夜、シートを倒しサンルーフ越しに見上げた空をたくさんの流れ星たちが流れていった。

フロントに海、リアに山、挟まれるようにしてこじんまりと開けたそこ。

もう一度行こうと何度も試みたが、二度と辿り着けない不思議な場所。




そんな”やまむらふらんもとかず”に古典茶房で小春日和の今日出会った。

  想起的に得るが、

小春日和の今日、”やまむらふらんもとかず”に出会った。

古典茶房で。

全即龍蝶、全私茶。

へいぼんやたどたどしさ、あらあらしさやいたずらっぽさ、うつくしさもはかなさも・・・ただりゅうちょうでかんぜんにりゅうちょう。

そんな”やまむらふらんもとかず”に古典茶房で小春日和の今日出会った。



甲高い声の蛙

間髪入れず甲高い声の蛙も鳴いた。

「サッセッケンサッ」

それは、

優しく鳴いた青い烏にこたえているかのようでもあり、

下の句でも告げているかのようでもあった。

青い烏

青い烏が

「カンカジッコウ」

と優しく鳴いた。

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
GP (11)
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!
ブログ初心者ですが、更新はがんばりますのでどうぞご贔屓に。
趣味は、
・スポーツ
(野球・自転車やってます)
・スポーツ観戦
(採点制競技以外は全般的に好きです。この中に競輪・競艇が含まれてます。舟券・車券も購入しますが、どちらかというと競輪と競艇をスポーツとして楽しんでます。当った!ハズレた!はオマケみたいなもので・・・レース内容や選手の闘い振り生き様に明日への活力みたいなものをもらってます。)
・読書
(時代物やスポーツ、経済を題材にした小説、株・節約・料理などの実用書、行動心理学などの学術書などが好きです。)
・音楽
(ジャズが好きです。)
・映画鑑賞
(自宅でDVDで派)
・創作
(絵本・童話・小説など)
 
 ・・・などなど。それぞれ極めることもなく程よく楽しんでます。

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
329位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
GⅠ (59)
GP (11)