~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > スポンサー広告> 散文集 > 【続】素数問題「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず素数が存在する」は、「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず2つ以上の素数が存在する」でもOKかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【続】素数問題「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず素数が存在する」は、「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず2つ以上の素数が存在する」でもOKかも・・・

先日、

「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず素数が存在する」という素数問題、解けたかも・・・

と記載したが、多分解けたと言ってもいいと思う。

しかも上記命題は多分、

「n^2 と (n+1)^2 の間には必ず2つ以上の素数が存在する」

と一歩踏み込んだものにしてもいいかもしれない。

答え合わせができないのがもどかしい。

数学音痴が、素数が好きになり、数学が楽しいと始めて思えたかもしれない。

【追記】 後刻、ネット検索でこの素数問題は、「ルジャンドル予想」と呼ばれていることが判った。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/07 17:01 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
4881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1384位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。