~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集 > ブルームーンで朝食を

ブルームーンで朝食を

 最後の月の最初の朝、最初に私の目に映ったのは結露のないガラス越しのどんよりした空と昨夜降った雨の余韻を残す物干し竿の水滴だった。

あの日見たスーパームーンは、雲の向こう彼方にまだいるのだろうか。

カーメンのマイロマで食した最後の月の最初のブレックファーストは、トーストとコーヒー。

この時私にブルームーンとのファーストコンタクトが、2009年4月だったことを告げたのは、頼りない記憶ではなくカーメンの裏手に記された確かな記録だった。

つまりは、「はめまして」ではなく「お久しぶり」だったということだ。

扉を開けたとき確かに言葉を交わしたこもしれないし、会釈だけだったかもしれないがちょうどあの頃すれ違っていたことは間違いない。

カーメンでの寛いだブレックファーストで始まった最後の月はブルームーン。

2016年の漢字は、やはり「振」でいいと私は思った。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/01 14:48 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
305位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ