~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集 >  LP屋金猿

 LP屋金猿

 ビデオレターを見終えたLP屋金猿はおもむろに立ち上がり、

カウンター奥隅の小さな扉を開け東京ドーム一個分はあろうかという大きな収蔵庫に入っていった。

収蔵庫の中には無数の棚が並べられていた。その棚には無数のLP盤がびっしりと詰まっていた。

次にLP屋金猿は、収蔵庫入口にあるセグウェイに乗り、収蔵庫の中を素早く無駄なく移動したかと思うとあっという間に収蔵庫入口に戻ってきてセグウェイをもとの位置に止めた。

そしてLP屋金猿は、3枚のLP盤を手にカウンター内に戻り静かに小さな扉を閉めた。

次にLP屋金猿は、カウンター下から取り出した箱をカウンターの上に置きその蓋を開けた。

そして先程収蔵庫から持ち帰ったLP盤を丁寧に確認しながら箱の中に収めていった。

次にLP屋金猿は、カウンター上の文箱から愛想のない無地のメッセージカードと万年筆を取り出しこう書いた。

「上から順番にどうぞ。 LP屋金猿 」と。

そしてそれを先程丁寧に確認しながら箱の中に収めていった3枚のLP盤の上に無造作に置き箱の蓋を閉じた。

次にLP屋金猿は、箱の蓋に宛名と差出人を書き込んだ。

「Dear HG(SK) From LP屋金猿」と。

そしてカウンター奥中央の小窓を開けベルトコンベアーの上に、

カウンター奥隅の小さな扉を開け東京ドーム一個分はあろうかという大きな収蔵庫からセグウェイに乗り素早く持ち帰って、

丁寧に確認しながらの収められた3枚のLP盤の上に、

文箱から取り出した万年筆でメッセージが書かれた愛想のない無地のメッセージカードが無造作に置かれ、

蓋が閉じられ宛名書きされたカウンター下から取り出した箱を置き、小窓を閉じ緑色のスィッチを押した。

次にLP屋金猿は、先程の文箱から帳簿を取り出しこう書き込んだ。

「846」 「Mo」 「中(ナカ)うの蕎麦」と。

※本文中の「中(ナカ)う」は、某牛丼チェーン店ではございません。











関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/02 14:57 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
670位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ