~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集 > 三叉線路のトンネル女

三叉線路のトンネル女

 「あたしがこの線路を通るのは三回目さ。」

トンネル女は言った。

「一回目は、トロッコに乗って通ったんだよ。」

「みんながトロッコの片方に移動して、分岐点で山手の線路に進んで、バランス崩して崖下に転落しちまってさ。」

トンネル女は言った。

「二回目は、A列車に乗って通ったんだよ。」

「みんなが日当たりが良く暖かくて眺めのいい海側の座席に殺到して、分岐点で海辺の線路に進んで、これまたバランス崩して横転しちまってさ。」

トンネル女言った。

「1回目の時は、危ないと思ったが嫌われるのがこわくて黙って見てたのさ。だから・・・」

トンネル女言った。

「2回目の時は、危ないと思って嫌われてもいいからみんなに言ったのさ。でも・・・」

トンネル女言った。

「トロッコもA列車も見送ってトンネルの中の線路の真ん中を歩いてるんだよ。あたしは。」

と、言ったトンネル女の顔を、暖かくきらきらと美しい出口の光が照らし始めた。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/17 11:21 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
758位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ