~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集 > 大阪ニラレバ息子

大阪ニラレバ息子

例えばそれは、

夜と朝にはっきりとした境界があって、

その境界を越えることで夜と朝が瞬時に切り替わる仕組みになっていて、

夜の方から朝の方に境界を越えた瞬間のあの感じにもしかすると似ているかもしれない。

 そう、ニラレバを食べた後に歯間に詰まったニラがとれた時の話だ。

些細なことだが、あれが気にならない人はいないはだろう。

それにしても何を大袈裟な・・・と思われるかもしれないが。

おそらくは信じてもらえないかもしれないことなのだが、

そのニラは、4か月以上6か月未満の期間に渡り私の歯間に詰まっていたのだ。

期間が曖昧なのは、通常、歯間に詰まったニラなどというものはその場でとれてしまうものだし、

遅くとも床に就くまで、つまりはその日のうちにとれてしまうのが相場で、

これが2日目、3日目あたりまでくらいは気になるし取ろうと努力もするのだが、

4日目くらいになると、「これはとれないものだ」などと妙に納得したりして、そうこうしているうちに、

いつの間にやらニラが歯間に詰まっていることなど忘れてしまうから不思議なものだ。

だから、いつニラが歯間に詰まったかということに関する記憶というものが曖昧になってしまったのだ。

ただ、4か月以上6か月未満というザックリとした記憶が存在するのは、

正月にそれを理由に初詣の誘いを断ったという明確な記憶がありそれよりも前の出来事だということでそのくらいではないかと推測されるからだ。

ところがである、昨夜何かの拍子にこれがとれたのだ。

既に忘れていたニラの存在とと歯間に詰まった不快感が俄然復活したかと思うと、

冒頭のような夜明け感がどっと湧き出してきたのだ。

ニラは3本。

「どうりで手強いわけだ」

などと変に納得してみたりもする。

その直後、私は夏川結衣に殴られた光石研の奥歯が抜けるドラマを偶然みた。

ベンチに腰掛け抜けた奥歯をしみじみと見つめる光石研。

ゆらゆらと前後に揺れる遊具の上で、その光景に視線がくぎ付けにされ、薄ら笑いを浮かべている子供。

きっと私もその子供と同じ面持ちになっていたに違いない。

その時、ぐらついていた歯が抜けた時の子供のころの記憶が蘇った。

これが、「大阪ニラレバ息子」の話だ。

ニラレバを食べた店の名前は、「大阪・・・」。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/18 17:44 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
670位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ