~『けんたろう』のマイブログ~ TOP > 散文集 > 「アセミズタラシテ、」、そのあとの言葉

「アセミズタラシテ、」、そのあとの言葉

アセミズタラシテ、」

受話器の向こうの声は、そこまではハッキリと聞き取ることができた。

アセミズタラシテ、」

と受話器の向こうから聞こえた男の少しカタコトの言葉の続きを遮ったのは、

金網の向こうの滑走路を飛び立ったジェット機の轟音だった。

アセミズタラシテ、」

と受話器の向こうの男が話したとき、ジェット機が頭の真上を通過したのだ。

受話器を当てていない方の耳を手で塞ぎ懸命に受話器の向こうの声を拾おうとした。

ジェット機の轟音は、徐々に遠退き既に消え去っていた。

電話も既に切れていた。

轟音の中、懸命に拾った音の記憶を慎重に紡いでいた。

アセミズタラシテ、」は、「汗水たらして」なのだろうか。

汗水たらして、クロズキノコガヒット・・・ベンツが・・・」

「苦労好きの子がヒット・・・ベンツ(ベンチ)が・・・」

あるいは、

「黒好きの子がきっと・・・ベンツが・・・」

それとも、

「黒頭巾の子がピット・・・ベンツが・・・」

受話器の向こうの声は、何と言っていたのだろうか。

紡いだ音の記憶は、いつまでも曖昧に耳の奥に残った。

KUMO運ぶ風の強い暑い2017年夏の出来事だった。

座りの悪い立ち方をする毛虫の日焼けした背中の赤味も既に失せ、背中には数本の棘が刺さっていた。

棘の先端は、濃い赤色で花でも咲いているかのようだった。

それにしてもKUMAじゃなくてKUMO?

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/08 19:38 ] 散文集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Windows デスクトップ
ヤフーモバゲー
カテゴリ
プロフィール

けんたろう

Author:けんたろう
けんたろうのマイブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム
記事ナビ2 新着+関連エントリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
215位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
恋人が出来るための方法
リンク
QRコード
QR
カテゴリ